読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No lettar contents

NEWSが好きだってこと以外大した意味なんてないよ

NEVERLAND 感想(2)


誰かの感想や意見を見てしまうとどうしてもそれに影響されてしまったりするから、真っさらだった自分はどう感じてたのか残しておきたくてただ感じたままを書きました。


でも、NEVERLAND、素晴らしすぎてずっと聴いてると苦しくなってくるからあまり聴けない。辛い。


The Entrance 

なるほどテーマパーク!


NEVERLAND 

壮大な冒険始まる。圧倒的な自然に翻弄される。昂ぶる心。間違いなくこのアルバム最高の一曲。


アン・ドゥ・トロワ 

NEVERLANDからの一転軽やかなメロディとアレンジが心地良いおしゃれなMUSIC。Dメロのまっすーの綺麗な声に酔ってたら知らない間に服を脱がされてたって。


EMMA

初見のCDTVでの振り付けのインパクトが大きくて賛否両論だったけど、そうなるのも分かっててそこに挑んだNEWSが素晴らしいと思う。好きなフリはたくさんあるけど、マニアックなところではつま先グリグリする時のまっすーの足首がたまらないんだけど、全然マニアックじゃない?

(サヨナラまで2センチの2センチって銃弾発射されるまでの引き金の距離よね)



Brightest  

耳がチカチカするほどの極彩色の音。女性でないと歌いこなせなさそうなメロディをこんなに綺麗に歌えてしまうなんてただただすごいとしか言えない。


Silent Love 

まっすーがずっとやりたいって言ってきたという歌割りが光る。サビのテゴマスの声の絡みに酔わされるけど、もちろんシゲコヤのABメロリレーも秀逸。

マスラップに深酔いしたら廃人。


恋を知らない君へ

マスラップで官能に支配されかけた脳を浄化してくれる。

空に手を伸ばす=届かない人を追いかける

儚く美しい夏の情景はノスタルジック。


ミステリア

素直に『ミステリア』=『魔』と捉えてブラックサイドな歌として聴くだけでワクワクする。BYAKUYAやWonderほどの重厚感はないけどこれはガシガシ踊ってほしい曲。


BLACK FIRE

かっこいい!かっこいい!!好き!!!

ロックってこんなにも聴いてて気持ちいいものなんだ。全身で音を感じて、音に身を委ねる快感。

この歌もBrightestも歌えるNEWSの振り幅怖い。


ORIHIME 

聴けば聴くほど沁みる。出だしの優しい歌声と疾走感あるメロディに騙されたけど、歌詞を噛みしめたら初恋の人を失った…亡くした歌だった。

会いたいけど、愛する人が旅立ったその世界にはまだ自分は行けない。でも、会いたい会いたい。星空を舞台にした壮大なかくれんぼにはそんな想いが隠れてたなんて。


流れ星

ヒロイズムイズムこれぞ!最後に力をくれる。想いを届けてくれる。コンサート本編の最後でリフターに乗ってるNEWSが見えるようだ。嫌だ!まだ終わらないで…


The Grand Finale

『NEVERLANDの鍵はNEWSをずっと愛し続けてくれているあなたの心。この鍵を大切に持っていてください。NEWSのみんなもそれを心から望んでいます』

どんどん増えていくNEWSのファンの中でどんどん中心から遠ざかっていくような自分の不安を打ち消してくれる言葉だった。まだNEWSを好きでいてよ、まだまだ愛し続けてよって言ってくれてるんだって思わせてくれた。だから、まだもう少しの間愛させてもらうね。


U R not alone

前にも書いたけど初聴きでは『誰かに笑われた夢を今もココで見続けています』というフレーズにやられてしまって続きの歌詞が入ってなかった。NEWSはまだ道の途中。まだまだ上を目指してるんだ。って思っただけだったんだけど

U R not aloneの本当の意味は「君には僕が付いているよ。誰かがきっと見てくれてるよ」って意味ではなく「今、力を必要としている自分にはこの道を歩んできた過去の自分が付いている」という意味だったんだとわかった。それは「だからいつか必ず出会う未来の自分のために今を踏ん張れ」という意味でもあるんだろう。

それにしても、この歌を歌うNEWSの声のなんと力強いことか。

NEWSそのものでもあるこの歌を泣かずに聴ける気がしないけど、泣いたら大切な人の姿が見えなくなってしまうから泣かずにすむように今のうちに散々泣いておこうか。




NEVERLANDへの鍵(初聴き感想(主にソロ)

なけなしの感性で初聴きの感想を忘れないうちに。


NEVERLANDというアルバムタイトルが発表された時からもう興奮が止まらなかった。期待しすぎはハードル上げてしまうからなるべく冷静に…なれるはずもなく、高揚したままラジオで公開された表題曲のNEVERLAND。夢の国というより冒険の大地を連想した。壮大で深淵、圧倒的な自然を。


アルバムの紹介文

『炎のような熱さ、水のような安らかさ、希望の光と高揚の踊り、そして不思議さと絶対的な愛。そんなすべてが揃う夢のサウンドと、圧巻のエンターテイメントがここにある。。“鍵”さえ持っていれば、誰にでも扉は開かれています。NEWSと一緒に扉をあけましょう。そこは色々なことが起こる場所。ようこそ、ネバーランドへ。』


NEVERLANDの歌詞

SOUND, with the LOVE, MAGIC, RAY, FIRE, WATER, DANCE


どうやらこの7つのエレメンツが収録曲にも反映されているらしい。


なんという仕掛け!それだけでも期待が膨らむのに、これでもかというほどのメンバーからの自信たっぷりの発言。そんなにハードルあげてどうしてくれるというの。


4人になってからもう5枚目のアルバム、5度目、3年連続のツアー、順調な活動。

激動期を乗り越えてようやく安定期に入ったと思っていた。もう美しい恋からWhiteの時ほど必死で応援しなくてもいいのかもしれないと思い始めていた。


けれど…


NEVERLAND一曲だけでもそんな思いはかき消された。

何度も聴きたいけど苦しくて聴けないほどの高揚。

NEWSはまだまだ上り坂を険しくして登っている。

こんなめくるめく世界をわたしたちに見せてくれる。


初めてアルバムを手にして、まずソロ曲から聴き始めた。これは初めてのことだったけど、誰の曲も本当に気になってたから。


『I'm coming』は本人のメッセージを読んで少し不安な気持ちもあって恐る恐る聴いた。でも心配なんて全く不要だった。曲も素晴らしく歌詞も気品を失わない。祐也の声にもすごく合ってて、七色…かどうかはわからないけど色んな声、表現が聴ける。この曲を聴けて嬉しい。本当に嬉しい。あ、ディストーションボイスだ。覚えておかなきゃ。


『ニャン太』はもう最初から泣くしかなかった。悲しみと感謝と寂しさと愛しさと…でも、これをコンサートで、ライブでけーちゃんは歌えるのかな? ってちょっと心配になったよ。この歌詞をかけて歌おうと思えるなんて、本当にけーちゃんは強い人だなとつくづく思う。強くないと優しくなれないもんね。


『あやめ』はシゲらしい言葉遊びとか文学が散りばめられていて、歌詞を見ながら聴くとより深く感じられる。シゲの歌声はどこか投げやりで厭世的なイメージがあって、紗がかかった世界を見ているみたい。深読みしたくなるような余白をくれている。「虹を歩いていく」とは…  そんなことを考えながら、聴き込んでいきたい。


『FOREVER MINE』は、もう「ずるーい」の一言でいいかな?

でも、意外と、意外と…思ってたのとはちょっと違っていた。なんとなく、もっと伸びやかに高らかに歌うのかなと思ってた。達郎さんの歌も聴いてなかったから。でも、まっすーのこうゆう歌い方がより切なさをかき立ててライブではひいひい言わされちゃうのわかるから、ほんとにずるいよね。


時間がなくなってしまったので、本編はまた改めて書くか、書かないかもしれないけど。


とりあえず初聴きで最初にこれ好き!って思ったのは『Silent Love』『BLACK FIRE』新しい感じがしたからかな。

でも『U R not alone』は別格だった。


『The Grand Finale』でウルっとしたことろで『U R not alone』 で涙が止まらなくて一人で本気で泣いてしまった。

「誰かに笑われた夢を今でもココで見続けてます」のところで、これ、まっすーっぽい!って思ったの。そしたら…


こんなに長い間好きでいてもまだ更に好きを止まらなくさせてくれるNEWS。

出会いは偶然の重なりだった。でも、好きになって、どんどん好きになったのに、失いかけて、不安で、それでも離れることができなくて、信じて待つしかなかったあの時を誇りに感じさせてくれる。

ずっと愛し続けてと訴えてくれる。

出会って、好きになって、好きでい続けて本当に幸せです。



フルスイング

日テレのTHE MUSIC DAY 
NEWSのあの名作!として紹介されたのがフルスイングでした。
ファンにとっても大切な大切な曲。暗闇にいたわたしたちに光を注ぐかのように希望をくれていたヒロイズムさんのツイートを忘れないようにメモしておきたいと思ってまとめてみました。

チャンカパーナ発売当時のフルスイングに関するヒロイズムさんのツイート。

NEWSへの想い、フルスイングへの想いが今もわたしたちの胸を熱くする

フルスイングが出来た時

2012 0510

https://twitter.com/her0ism/status/200251556619235331

Recほぼ終了!終電で切り上げさせていただき自分のスタジオへ戻り、これからまた別の2曲制作。明日は2件スタジオでまたさらに別の2曲が完成します。マジなワイルド状態だけど、これだけ世に出るということで感謝して張り切って楽しみまーす。扉はきっときっとあの夢に繋がっているから...


2012 0511
一つ完成。堪えきれず終電でMacBookかついで聴いちゃってるくらい今までの自分史上最高作!?憧れのプロデューサーさんにも会えてお褒めの言葉もいただき感無量です。音楽やってて良かった。I'm fighting to keep from crying in the train.

チャンカパーナが初オンエアされた時

2012 0620
NEWS「チャンカパーナ」ついにオンエアー!!
早速いっぱいいっぱい嬉しいコメントありがとうございます。大好評で一安心です。泣 彼らの新しい船出に最高の曲を作りたくて出した自分のベストの作品が、こうして歌ってもらえて嬉しい限りです。

NEWSが歌って最高!!になることがベストなので、正直自分らしさを自分で求めたことはないのですが、いつものヒロイズムらしくないと
思われたかたご安心下さい。w どっからどうみてもヒロイズム曲も収録されます。笑 ぜひそちらもお楽しみにー!!!LAは朝です。今日も曲作ってきます。w

2012 0621
激アツです!w 確かその完成した日に興奮してその模様をツイートした覚えがあります。RT @natchan_yellow: @her0ism NEWS×ヒロイズム×亀田誠治の『フルスイング』も早く聞きたいです!!作曲者といい編曲者といい激アツですね!!!楽しみです!!!!

自分のつぶやきを見るにはリツイートされたツイートをみれば早いことに気づいたが、それでも探すの時間かかった。笑 5月10日のツイートがその興奮の様子です。w

チャンカパーナが発売された時

2012 0718
引き続きたっくさんコメントありがとうございますm(__)m「フルスイング」は言うまでもないですが、その名の通りフルスイングです。w バンド時代から10年くらい音楽やってきての一つの集大成と言っても過言じゃない、そんくらいの【願いを込めた】愛情作です。

2012 0719
ひとつひとつお返事出来なくてすいませんm(_ _)m頂いた言葉すべてが心のエネルギーになっております。そして、その結果ここにチャンカパーナ、フルスイング、Starryは生まれました。曲を作ることしか出来ないので、最高の曲を作り続けることでお返事とさせていただければと思います。

2012 0720
フルスイングのデモ出来たとき、他の仕事に支障でそうなほどずっと聴いてた。笑 そんだけの最高傑作がA面じゃないと知り気絶するかと思ったけど(生意気言ってすいません)、チャンカパーナで踊るキラキラな彼らを観て、街で口ずさむ人がいて、あーーこれが正解なんだなーと思った。音楽って面白い。


亮ちゃんがプレミアムに来た

(今の気持ちの記録)


亮ちゃんがプレミアムに来た。

グループを見捨てるように脱退していった一人のメンバーが5年後にゲストとしてグループ司会の番組にやってきたという作り話みたいな現実。
(今、年数数えようとして、そういえば、4人に正式に脱退が告げられたのって6月くらいだったはずと思い出してまた胸が痛くなった)

4人も緊張した表情で迎えてた。亮ちゃんは罪の意識を感じてるのか居心地悪そうだった。気まずさを隠せない。そのことが亮ちゃんの誠実だと思った。

6人だった時よりずっとずっと輝いているNEWSを見て、亮ちゃんは少し肩の荷をおろしたかな。4人は昔と同じように接していたよね。

グループにいたころ、メンバー同士の距離を縮めようとしてくれた亮ちゃん。
でも関西では近くなれるそのやり方は逆にメンバーを怖がらせて萎縮させてしまった。
人同士の関わり方って本当に難しい。特に一緒にいる時間が極端に少ないNEWSには縮められない距離だったんだな。
亮ちゃんもきっと寂しかった。もどかしかった。自分ではどうしようもできないことに徐々にあきらめてしまった。


『無理にひとつにならずに混ざり合わない日はそのままでいい。ひとりひとりが持つ色だから鮮やかなマーブル描けばいい』と言ってくれた亮ちゃん。
NEWSのこと、すごく考えてくれてた。みんなに愛情を持って接してくれてた。ひとりひとりがもっと良くなるようにと思ってくれてた。でも、混ざりあえなかった。
どちらかが悪いわけじゃないと思う。
やっぱり4人は4人になる運命だったから仕方ない。


けーちゃんはみんなが幸せなら幸せだし、祐也は昔のこと思って感傷に浸る性格じゃない。でも、シゲはどう思ったかな。まっすーは…って、やっぱりふたりの気持ちが気になる。
「怖かったもん」って言ったシゲと積極的に亮ちゃんに寄っていったまっすー。
今も怖いと思ってるのか、まだあの時の背中をひきずってるのか。何もかも許して6人で楽しかった日々だけを思っているのか。
想像には自分の性格や環境も入ってしまうから本当の解答は出ない。
でも、過去の何もかも全てが幸せな未来への布石だったのだとみんなが思えてたらいいなと思う。
心の距離はまだまだ感じるけど、いつかまた少し大人になって、どこかで巡り合ってあの時のすれ違いの溝を埋められるといいなと願う。

最後に、亮ちゃんをして「怒らせたら怖い」って言わしめる増田よ!
「ぼくにだけ唐揚げくれなかった」と拗ねて困らせる増田よ!!!
なんやねんっ!魔性かっ!!ってひぃひぃなったことも記しておこう。
亮ちゃんは、潔癖なまっすーにだけは握りつぶした唐揚げを食べさせたくなかったんだと思うともう…はぁ…沼が深い…

プレミアムな日(繰り言だらだら)

何のきっかけか忘れたけど「成就しなかった恋ほど忘れられないもんなんだよ」って子どもに語ってたら
「じゃあお母さんのテゴ愛はずっと忘れられないやん」って言われたけど「や、もう実ったようなもんだよ」って答えてあきれられたけど。

思えば6人の時のNEWSには好きになってからひたすら片想いだった。してほしいこととしてくれることがすれ違って想いは届かなかった。
いまだに6人のNEWSを思い出して切なくなるのはきっと一度も満たされたことがなかったからなんだろう。
でも、「電車を乗り継いで会いに来てくれる」って言ってくれるやまぴーを思い出して、好きだったなと今でも泣けたりするんだよ(今朝のこと)
やまぴを否定する人もいるけど、もしも同じことを祐也がやったとしても変わらずついていくだろうなって思うからわたしは否定できない。もしも!もしもだよ!そんなことは決してないと思うけど、もしもの話。

ずっと愛情を持ってその人を見てきた人にしか分からないことってある。わたしにもわかってないけど、彼の寂しさとか不器用さとかは彼を一度も好きになったことがない人よりは分かる気がしてる。
祐也のこともすぐに理解できない時とかあって、一旦色んな方向から眺めて咀嚼して「おおっ!そうゆうことかっ♡さすがや!神やぁぁぁ」って受け入れることもある。まだまだ愛も観察力も足りないのだよね。いつか全て即座に丸飲みできる時がくるまで、もっともっと見つめて考えて理解できるようにならないとダメだな(って多分最後まで思い続けるんだろうけど) 


昨日のプレミアムの幸せな時間。
NEWSだけがずっと画面に写ってる。しかも世界に配信されてる。しかも一度だけじゃなく、これから始まって続いてく。こんな幸せがあっていいのかな?いいんだよ。
これぞ両想いの瞬間だったんだ。
わたしたちがしてほしいこととNEWSがやりたいことは同じだったけどなかなか実現されなかった。それがやっと叶った。
デビューから、デビュー前からずっと応援し続けてくれたNEWSのファンの方にも感謝だし、4人になってからファンになってくれた方にも感謝だし、4人になっても変わらず応援し続けてくれたみんなも、なんかもう全て愛しくて、ありがたくて、感極まってるのにうまく言葉にできないのが悔しい。

KAT-TUNから引き継いだ番組なので、同じ日に10周年を迎えたKAT-TUNファンの方に申し訳ないなって思う気持ちもあった。でも、そう思う事の方がもっと申し訳ないことのような気がしてツイッターでは言えなかった。
わたしたちのこの幸せな現在のようにKAT-TUNファンの方にも幸せな未来は必ず来る。全てはやがてくる至福の瞬間のために起きていることなのだから。

さて、わたしの想いは実ったのでもう思い遺すことはないかなと思ったけど、まだテゴマスとコヤシゲの末永い幸せを見届けてないのでこれからも片想いは続いてく…あれ?それももう実ってる?ふふふ…
や、変ラボを全国ネットにしてもらうまでまた頑張ろう。もっともっと幸せな瞬間がまだあるはずだ。



♪Encore

というわけでおこがましいのは重々承知だけど、自分の想いを表現できるのは自分以外誰もいないので仕方なく書いている次第です。


シゲも言ってたとおり、どれが正解でどれが間違いなんてないと思うので『好きに楽しんで好きに思って』という言葉に勇気をもらって書こうとしています。


♪Encore

前奏のピアノと哀愁を感じさせる澄みきったフェイクが絡むところですでに心を持っていかれる。ただひたすらにもの悲しい追憶の中の世界に自分も連れて行かれる。

淡々と少し投げやりに語られる今の孤独。

なのに『笑ってよ、キスしてよ』と歌う声の優しさに愛しいという想いが溢れていて苦しい。

ここで歌詞について

『これが最後の恋だろう』を
『だなんて、ばかみたい』が否定して
『に思っていた』でまた翻る
それで終わると思いきや、
『事だって、嘘じゃないんだ』
この言葉の最後がどんどん追加されていくたびに波状攻撃となってユッサユッサと心を振り動かされる。
しかも子どもが泣くときのような声でまっすぐに寂しさと後悔を訴えてくる。
これもうなんの抵抗も出来ない。一緒に泣くしかない。

ここの部分、歌詞カードを見ずに耳だけで聴いた方が裏切りの連続に切なさが倍増する気がする。

祐也が歌詞の意味をとても大事にして声で表現しようとしているのはいつもの事なんだけど、今回はそれがまたさらに高まっていて、日本語のわからない人が聴いても絶対泣けるよ。(あえて『絶対』をつけてみた)

なんかもう、この表現力、おそろしい。この一年で何かありましたか?

初聴きの時も書いたけど、今すぐその相手を連れてきてあげるから、もう苦しまないでーーーって抱きしめたくなるんだよ。

そして最後また歌詞に翻弄される。
『これが最後の恋がいい』
『だなんてばかみたい』
『に願ったりできないよ』
切なさの波状攻撃!!!!

ばかみたいなのは気持ちが制御できないから。
ばかみたいだからこそそれが真実なんだよね。

そして思わせぶりな『君はもういない』
それが死を意味するのかどうかはわからないけど、とにかくもう別の世界に行ってしまったんだろう。
どんなに後悔しても、どんなに願っても、絶対にまたやり直すことなんて不可能ってことなんだろう。


なんとかならないかなぁぁぁぁぁ(号泣


以上です。



あーーー!
大事なこと忘れてた!
メロディも素晴らしかったです。
特に『大好きだよ』のところ。




映画『ピンクとグレー』感想(ネタバレ、否定的表現あり)

映画『ピンクとグレー』感想(ネタバレ、否定的表現あり)



この小説を映像化してくださったこと、監督にも出演者の方々にも感謝している。心から。それは紛れもなく。

エンドロールの原作者の表記で感動することは分かってたけどやはり胸が熱くなったし、劇中歌『ファレノプシス』の原詞にも加藤シゲアキの名前があって震えた。


開始62分の衝撃!と予告で見た時はきっとこうゆうことだろうなと言うのは原作を読んだ人は誰もが分かったのではないかと思う。

けれど、その後の世界は想像とは全く違った。全く別の物語になってしまった。
予想を裏切られる。あらかじめその覚悟はしていたとはいえ、思った以上にショックを受けてしまったのは、あまりにも原作に対する自分の思い入れが激しかったからなんだろう。
違う。
ごっちはそんな人間くさい人じゃない。
りばちゃんはそんな下衆な人じゃない。
ごっちとりばちゃんの関係はそんなもんじゃない…
けれどそれは、わたしの頭の中でだけ、わたしの想像力だけで作り上げた世界?
ありきたりな友情や愛情を超えた関係。
儚くて透明で消えそうな存在。
そんな美しくも現実味のない世界。それがわたしの予想と期待だった。


意識が薄れていく大貴が最期に思い出す本当の世界では、りばちゃんがごっちでごっちがりばちゃんだった…というのを期待してしまっていた。
最初にキャストの発表があった時は確かそうなってたし、それがわたしの中での二人のイメージにもぴったりだった。


行定監督は現実はそんな美しいもんじゃないよと思い知らせたかったのかもしれない。
確かにりばちゃんがあのままで芸能界で生きていけるわけはないとは思う。だからシゲはあんな終わらせ方をさせたのだろう。美しいものは美しいままで。
でもそれは現実と向き合ってない終わらせ方だったというのか。
あそこまで全てを泥に塗れさせたのはただそうしたほうが面白いからだけではない気がする。
原作者や出演者やそのファンたちをいためつけてやろうという嗜虐性を感じてしまった。でも同時にそれは愛でもあることも感じる。
その痛みに耐えてまた強くなる。成長する。そのための泥だったのではと。

わたしが大好きな美しいなシーンやセリフはたくさんカットされていた。
全部をつめこむのは難しい事は重々承知で書き上げてみよう。
お姉さんの事故。マルコフの事件。ごっちが見られなかった流星群。消えためだか。ステージで歌うりばちゃんの背中。それを見ていたごっち。男の子だと思っていた石川が本当は女の子だったこと。待ち合わせに使ったデュポン。ごっちの裸のポスター。ピアスホール。青いカクテルをエビの卵みたいな色って言うりばちゃん。それを嬉しそうに笑うごっち。サリーが結婚したと知って取り乱すごっち。ごっちの遺体を綺麗にするりばちゃん… (今、原作が手元にないので、確認できないからこれくらいしか思い出せないし、描写を記憶違いしてるかもしれないし、映像を見逃してるかもしれないけど)
本当に別物。全くの別物。
まずはそれを思い知った初見だった。


でも。



そうだ。

『だいじなもの』でシゲは伝えてくれていた。
大丈夫。
シゲが描いた世界はまだちゃんと別に存在してる。


小説だから描けること、小説じゃないと描けないこともあるのだろう。
わたしが欲しいと思っていた世界は稚拙なものだったのだろう。
次に見る時はもっと違った視点でいいところを見つけられるようにしよう。


ファレノプシスすごくいい曲をつけてもらってたけど、シゲの中にある曲はどんなんだったのかなってちょっと思った。


感性の鋭い人なら一度で読み切れることも、わたしには10回必要なのかもしれない。今すぐに見返したい。
でも、次はインタビューや対談の記事をちゃんと読んでから見ようと思う。


追記 
大事な事を忘れていた。
わたしが大切に思っていたシーン。
ごっちの遺書。そしてそこからひとつを選ぶところ…